AMICA color design


  • 慶陽館1.jpg

  • どうぎんカーリング場.jpg

スタッフブログ

[2017.07.10]

事務所移転のお知らせ

このたび、アミカは過ごし慣れた市電通りから中央区界川に活動拠点を移しました。

小鳥たちの歌声が美しく響く環境の良い山間にご縁を頂き、新しいステージをスタートさせました。
アミカは今年で19年。中心を深く据え、より一層励んで参りますので今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

AMICA 代表 田中 希

 

 

【新住所】

札幌市中央区界川3丁目8-12

http://www.amica-color.com/access.html

 投稿者:アミカ @ 12:22
[2015.11.15]

驚くべき顔ヨガ・フェイシャルヨガの実力!みなさんどんどん健康的に若返る!

高津文美子式顔ヨガ・フェイシャルヨガ

顔ヨガ協会インターナショナル インストラクター登録北海道第1号!

関東ではインストラクターが沢山活躍しているけれど

北海道では今年6月に私が第一号ととして登録させていただき、

つい先日もう一人友人がインストラクターとして登録してわずか2名。

6月から100名ほどの方達に顔ヨガをお伝えしてきましたが、

もちろんまだまだ弛みやシワなどで悩んでいる方は

たくさんいらっしゃるはずなので、友人とこれからもっともっと顔ヨガを

広めていきたいと思っています。

 

インストラクターには資格取得のための勉強をすれば誰でもなれるわけですが、

目指しているのは、一人一人の表情癖を見つけて何故その弛みが生まれたか、

その方のどの筋肉を鍛えたら効果的にリフトアップしていけるのか、

弛みに悩んで真剣に解決しようと思っている方にしっかり寄り添える

インストラクターになること。

私自身、他のインストラクターに比べて顔の変化が遅く途中気持ちが

焦ることもありました。でも今思えばそれが幸いというもので、

その分悩んで筋肉を研究したり力の入れ方、抜き方、好ましくない表情癖が

何故作られるのか、心理的要素はあるのかないのか、

食べ物は何がいいのか、などなど日夜考え研究しました。

今はインストラクターというより顔を作っていく職人さんのような気分。

「ここの筋肉をこう使って、そうするとここの筋肉が引っ張られて、

でも引っ張られないように我慢することでここの筋肉が発達して、

最後にはここが1cm上がって横顔がきれいに見えるよね。」云々。

 

インストラクターとして活動を始めてみなさんがぐんぐん若返っていく

姿を見て、とにかく嬉しくて楽しくてたまらない!

いらした時にbeforeの写真を、レッスン後にafterの写真を撮るのですが、

それを見たときのお客様の喜びの表情に私も心が躍って、

思わずその場で一緒に飛び跳ねたりして。

 

私自身、顔ヨガのお陰で地滑り地獄から脱出することができ

顔ヨガ・フェイシャルヨガの有り難さを誰よりも実感しています。

 

一人でも多くの方に早く伝えたいな!

悩んでいる方は一日でも早く始めてみてください!

その日から弛みを止められます!

 

もし合わなかったらやめればいい、それだけのことです!

悩んでいる時間がもったいない。

悩んでいるなら筋肉を動かそう!

 

今日もアゲアゲで行きましょう~~~!

 

ご縁があって、お目にかかれた方には私や許可を頂いている

お客様のbefore/afterのお写真お見せしますのでお楽しみに(*^。^*)

 

 

 

 

カテゴリー: カテゴリー:  投稿者:アミカ @ 19:25
[2014.11.05]

気が付けば今年も残り2か月

毎年この時期になると「早いな~何もやれてないな~」と反省する。

もっとやれたんじゃないか、もっと工夫すれば良かった等々。

いや、きっと十分やったのだろう。

若いころと違うのは、そういって自分を許し甘やかせるようになったこと。

とはいえ、こうやってあと40年を過ごすのかと思うと

やはり恐ろしい。

 

平均寿命で行くと、あと40年少々。

40年後の自分に精神の成長は見られるだろうか?

慈悲、勇気、誠実さ、昔の日本人が備えていた徳を

少しでも自分の中に育むことはできただろうか?

 

残り2か月を意識していたら、ふと人生の終わりを迎える頃の自分を思った。

 

 

 

 

 

カテゴリー: カテゴリー:  投稿者:アミカ @ 00:15
[2014.06.10]

はじめまして、ソイダです

みなさんはじめましてhappy01

この度、ご縁あって少しのあいだアミカスタッフを

させていただいてますソイダですdog

 

代表の田中さんとは20年ほど前の数年間同期として一緒に働いて

以来、長くて深いご縁を感じる間柄です。

一年に数回あるいは数年に一回という不思議な間隔で会うのですが、

いつも多忙で時間の都合がつきにくい田中さんなのに

私がピンチになるとなぜか必ずすんなり会えてしまうんですね。

そんな時は目に見えない「何か」が間違いなく二人の間に作用している

といつも感じるのですheart

 

さて、ただいまアミカでは北海道神宮の改修工事に関わるご提案を

させていただいておりまして、お仕事を通して思いがけず

北海道神宮の由緒を知る良い機会を与えていただきました。

田中さんは神社の氏子であり神事に接する機会を多く持つのですが、

私はこれまであまり深く関わることがありませんでした。

 資料をひもといていくと、日本人でありながら、神事にまつわることは

歴史も言葉もわからないことだらけ。

 

「御霊代」「御幣物」「渡御」、皆さん読めますか?意味はわかりますか??

答えは「みたましろ」「ごへいもつ」「とぎょ」

意味は神霊の代わりとして祭るもの」「神前にささげる供物」

「(みこし)が練り歩くこと」です

 

なーんにも知らずにこれまで生きてきたのだなあとつくづく思います。

 

 何も知らないのに困った時の神頼みで、初詣ではあれやこれやとお願いするし、

試験があれば合格祈願、病気になれば回復を祈り・・・ちょっとまって、

神様にお願いはするけれど、成就してもご報告もお礼もしたことが

ない自分に気が付きます。

 

もしこれが身近な人の助けだったら?絶対そんな無礼はしません。

お世話になった方へ感謝の気持ちは素直に伝えたい、と日頃思って

いるわりに神様への感謝は?考えてみるとその扱いの雑さに驚いて

しまいます。

 

これまで幾度も、周りの人々からの思いやりや偶然ではなく必然?と

思えるご縁という贈り物に救われてきていることを考えてみると、

もしかしたら神様が人と人との間に入って見えない糸を結んで

くださっているのかもしれない、と有り難くなります。

そうであるなら、助けてくれた友人知人や家族だけじゃなく、

糸を結んでくれた神様にもありがとうを伝えるのはあたりまえのこと

かもしれない。

そんな思いが心に湧いている今日この頃です。

 

カテゴリー: カテゴリー:  投稿者:アミカ @ 12:25
[2014.02.14]

冬季オリンピックのカラーリング

ソチオリンピック真っ盛りhappy01

寝不足続きの方も多いのでは?

人気はやはりフィギュアですね。

このブログも背後に男子フリーの実況を聞きながら書いています

羽生選手かチャン選手かeye

トップ争いは両選手にまかせて

個人的には銅メダルを高橋選手に取ってもらいたいなぁheart

 

さて、冬季オリンピックと言えば夏季オリンピックより

寂しげな印象がありましたが2010年のカナダ・バンクーバー

から様子が変わったことにお気づきでしょうか?

何が変わったかというと、実に些細なことなのですが

開催ポスターのカラーリングが各会場の壁面や腰、境界幕などにも

ようやく使用されるようになったのです。

 

写真のバンクーバーオリンピックデザイン、見覚えありませんか?

冬季オリンピックに多く使われる青に黄緑を効かせ

躍動感あるデザインと合わせて希望感に溢れています。

その中をスケーティングしている選手も生き生きとして見えます。

vancouverfigure.jpg

vancouver.jpg

 

 

今回のソチもバンクーバーの成功に倣いポスターと会場のカラーリング

をブルーのバリエーションで統一して綺麗に見せています。

色を効果的に使いメッセージ性を強めている。

 

sochi4.jpg

 

sochi5.jpg

sochi2.jpg

 

 

考えてみても単純で簡単なことなんですが、

実はこれ以前の冬季オリンピックを調べてみると

カラーを使ったイメージ作りがあまり上手くいっていないのです。

 

開会式、ポスター、会場のカラーイメージがバラバラ。

会場は多くの時代、前例に倣い白と青のツートーン仕上げ。

もしかすると色が競技の邪魔になる、

そういった考えがあったのかもしれません。

 

テレビに映し出される選手の背景に綺麗なカラーがあると

見ている方も楽しさを一層感じられるし集中力も上がる。

そんな色の効果を実感させてくれたバンクーバーとソチ。

 

2018年の韓国・平昌で開催される冬季オリンピックは

どのようなカラーイメージで私たちを楽しませてくれることでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:  投稿者:アミカ @ 22:52
[2014.01.06]

2014年 新年あけましておめでとうございます

皆さま、新年あけましておめでとうございますfuji

本年も何卒よろしくお願い申し上げますlovely

 

気が付けばアミカが生まれて15年happy01

右も左も分からず、名刺の出し方も分からなかった27歳の私が

様々なお仕事を頂戴して今ここにあるのは、

関わってくださった皆様のお力のお蔭と心より感謝申し上げます。

年末年始、そのことを本当に有難く思い、

これからの10年を見据えるための新しい情熱が再び静かに内側に湧き起りましたheart

20代の頃の情熱とは明らかに形を変えて。

 

私は「お陰様で」という言葉がとても好きで、

「おもてなし」以上に日本人らしい言葉だと思って使っています。

人の縁も仕事の縁も神仏が運んで下さると聞きます。

私が「お陰様で」と言う時、私が敬う神仏だけではなく

お相手の方が敬うご神仏に対しても「縁を結んで頂きありがとうございます」

という気持ちを込めて使っています。

 

人が一生に関わる人数は自分も含めて3001人と聞いたことがあります。

もしそうだとしたら自分以外の3000人の方の神様仏様が

後ろに沢山いらっしゃることになります。

関わる数が3000人と聞くと少ない感じがしますが、

その後ろの応援団を考えると凄い数に....。

 

たまに辛いご縁もありますが、それも成長の糧。

嬉しいことも嫌なことも「お陰様で」。

その気持ちを忘れずにこれからも頑張りたいと思います。

 

節目を迎えましたので、久しくお目にかかっていない皆様にも

今年はお会いしたいと考えています。

また、この先10年の基盤になる1年目として、

気持ちを新たに色彩研究にも勤しみたいと思います。

 

今後ともAMICAをどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: カテゴリー:  投稿者:アミカ @ 07:15
[2013.08.29]

「ほっかいどう元気びと」に出演!こちらからお聞きいただけます!

 

http://www.hbc.co.jp/radio/genkibito/index.html

 

自分の声っていつ聞いても不思議ですよね。

小学生の頃、録音された自分の声を初めて聞いた時

体が爆発しそうなほど恥ずかしかったな。

 

次は留守電が登場して自分の声を吹き込めるようになったとき。

何度録音しなおしても同じなのに、何度も何度もし直して(笑)

 

その頃に比べると、自分の声を客観的に聞くことが増えて慣れては来たものの、

やっぱり「こんな声なのかしら?」と半信半疑。

 

こんな声なんだろうね、諦めよう(笑)

 

 

カテゴリー: カテゴリー: カテゴリー:  投稿者:アミカ @ 14:57
[2013.08.15]

HBCラジオ村井裕子さんの「ほっかいどう元気びと」に出演 8/25 9:30~放送予定

昨日(8/14)

HBCラジオ村井裕子さんの「ほっかいどう元気びと」にお招きをいただいて

8/25放送分の収録を終えてきました。

 

色の仕事をすることになったきっかけや、

仕事への原動力、

アミカが15年に渡って収集してきた

北海道各都市の色彩意識調査や環境色調査について等々

様々なお話を小一時間。

放送時は恐らく30分程度にキュッとまとめて頂いているはず。

 

昨年末にもHBCラジオの河原多恵子さんの番組にお招きいただきました。

その時の下手なトークを反省して臨んだはずが、

今回も同じようなところでパッとせず。

 

私が苦手なのが、将来の展望について。

 

漠然とはあっても、いつまでにこれをこうやってこうしたい!

なんていう大そうなものは全く持ち合わせていないんだなぁ。

 

その時その時の流れのままに、

頂いたお仕事をいつも通り丁寧に一生懸命やる。

 

そんなことくらいしか浮かばない。

 

将来の展望を聞かれたときに、

「あっ!しまった!また考えてない!」と心の中は冷や汗ダラダラ。

 

30分のカット部分に目出度く入り込んでいますように、と祈るばかり。

 

もし、祈りが通じず放送された時は

こんな私の心情をお察しいただきながらお聞き流しくださいませ。

 

普段自分を振り返ることなんてそうそうない日常で、

インタビューをきっかけに、自分が歩んできた道を

思い起こすことができるのは大変有り難いことです。

 

話しながら、フラッシュバックで様々な映像が頭に浮かんで、

「あら、結構いろいろやってきたんだなぁ~。でも、もっとやれたはずだなぁ。」と

冷静に見てる自分を面白くも感じました。

 

30代の頃は42歳くらいまでやれば十分満足してるだろう。

そう思っていました。

 

気が付けば、あと一年もない。

 

満足なんてあり得ないんだなぁ。

欲張り万歳!

興味が尽きるその日まで仕事から沢山のことを学んでいくぞhappy01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: カテゴリー:  投稿者:アミカ @ 19:22
[2013.05.17]

小学5年生の女の子がカーリング場を写生!建築会報誌の表紙に!

札幌市立あやめ野小学校5年生 宮川華奈ちゃんが

「どーぎんカーリングスタジアム」を写生してくれたようです。

偶然知って嬉しくなりました(^○^)

 

宮川さん.jpg

 

自分が関わらせていただいた建築を

小学生の女の子が写生してくれたなんて。

 

丁寧に塗り分けした煉瓦の外壁と、

青空の色やダイナミックな白い雲が

コントラストを作っていて

紙面に大きな空気感を出していますね。

嬉しいなぁ♡

 

宮川華奈ちゃんありがとう(^.^)/~~~

 

 

 

カテゴリー: カテゴリー:  投稿者:アミカ @ 00:20
[2013.05.16]

登坂アナ・戸口アナの「ネットワークニュース北海道」(NHK18:10~)で流行色について話しました!

2013 4/25放送karaokemovie

登坂アナウンサーの「ネットワークニュース北海道」の中の

「ネットワーク北海道」という生中継枠で

流行色について少しお話しを致しましたboutique

 

中継場所

セレクトショップ「JOJO et NONO(ジョジョ エ ノノ)」

札幌市中央区北8条西15丁目28  TEL 011-612-3211

衣装協力:

女性/JOJO et NONO  

男性/Anello(アネッロ) 札幌市中央区南2条東6丁目 TEL 011-211-5031

 

JOJOの店長岡崎さんとスタッフの方には本当に

お世話になったんです。

当日使いたいお洋服を全て取り置きして

頂かなければならなかったわけですが、

快く了承して下さり、本当に本当に助かりましたlovely

 

また、登坂アナのコーディネートにご協力くださいましたのは

セレクトショップ「Anello」の間山さん!

間山さんはアルマーニジャパンに勤務された後、

ご自身のお店「Anello」をお仲間と共同でオープン。

トレンド感のあるセンスの良いコーディネートが評判で

著名人からも頼りにされていらっしゃる方。

私も超超助けて頂きましたheart04

 

JOJOさん、Anelloさん、ありがとうございましたheart04happy01heart04

 

皆さんも是非お店に一度行かれてみてくださいね!!

こんなの探してた~というお洋服が必ず見つかります!

 

 

さて、生中継の内容paper

流行色の意味や決まり方については昨年の春にブログで詳しく書いていますので

チェックしてみてくださいね。

 http://www.amica-color.com/mt.cgi?__mode=view&_type=entry&id=278&blog_id=2

 

流行色は約2年前に予測されるものですから

発表される時点で複数色発表されますhappy01

そして実シーズンになると、

その時の時代背景や人々の心理的な影響から

予測色の中から際立って「この色sign01というのが

表面に現れてきます。

 

昨年の今頃、デパートや家電ショップへ行くとどんな色が目立って

並んでいたか記憶を辿れますか?

そう、昨年の春夏は「深いオレンジ」と「アフリカンカラー」でしたね~eye

 

そして、今年はと言いますと、予測された中でも

「コーラルピンク」と萌黄色やアップルグリーンなどの「黄緑」

ダントツに目立っていますねheart

 

ということで、

生中継では私がコーラルピンクを、モデルの檜垣尚子さんが

黄緑を着て登場lovely

 実際、私は「コーラルピンク」が特別に得意なわけではありませんので、

少々アイラインを強めにして、調子を整えて合わせました。

 何せ、4分30秒という限られた枠の中で

視聴者の皆様に速やかに流行色の情報をお伝えするというのが

使命でしたのでねdogパッと、見てもらった時勝負sign01

 

KIMG1302.JPG KIMG1309.JPG

↑まずは前半パーソナルカラーについての説明

KIMG1326.JPG

↑後半、登坂アナと戸口アナのコーディネート例をご紹介

実物は黄味のあるコーラルピンクだけど、TVでは青味のピンクに映ってたなぁbearing

 

 

それにしても、番組作りの裏側には沢山の方の苦労が

幾層にも積み重なっているものだとつくづく感じました。

 

今までも何度かテレビに出させていただいておりますが

生放送はこれが2回目。

とにかく時間との闘いclock

本番ではカメラの横でディレクターさんが出す

カウントダウンとにらめっこeye 

 

今回は4分30秒の枠でしたが、リハーサルの段階では6分を超えていて

それを修正しなければならず、そのためには台本をがらりと変更。

 準備していた4シーズン(4タイプ)のコーディネート例もお蔵入りcoldsweats01

 

何が起こるか分からない世界coldsweats02

この世界で生き抜いている人は心臓が強くないとsign03

 

 

自分自身の反省点は多々あるものの、

今回はモデルの檜垣さんをはじめ、

Anelloの間山さんをご紹介くださった

レジュイール後藤さんが最初の起点を作ってくださったお蔭で

撮影終了まで、風通しの良い、いい流れの中でスイスイと

お仕事をさせていただけました。

 

一人で生きていなよなぁ、

皆で一丸となって何かを作るってやっぱり楽しいなぁ、

なんて再認識できて幸せでしたheart02

 

 

 

 

 

カテゴリー: カテゴリー: カテゴリー: カテゴリー:  投稿者:アミカ @ 18:53