AMICA color design

スタッフブログ

[2010.04.27]

天然顔料がデザインされるとこんなに素敵!!

札幌市中央区にあるお花屋さんtulip

「リトルビー」さんが

Little Bee 札幌市中央区北1条西24丁目 011-615-0077 営業時間10時半~18時)
http://littlebee.blog25.fc2.com/

アミカで扱っている世界各国の天然顔料を使って、素敵な鉢カバーをデザイン!!

 

下の柔らかいオレンジ色と緑(白っぽく写っていますが)が

天然顔料とホタテ貝殻セラミックスを混ぜて塗りあげた部分。

上の部分がモザイクタイル。

モザイクアーティストのお母様が各国様々なモザイクタイルを使って

こ、こんなに麗しい鉢カバーを!!

 

一つ一つ手作りですから、一点もの。同じものは一つとしてありません。

この天然顔料、アミカではホタテ貝殻セラミックスと練り上げ、

壁仕上げ材「トクノプロカラー」として、世に送り出していますが、

アイディア一つで、このような姿にもなって感動!!

 

世界各国から旅してきた甲斐がある!と顔料達も喜んでいるに違いない!

良かったね、みんな!!

 

実はこの鉢カバー、とても人気で、

作った端からお客様のお目に止まり、

お嫁入りするのだそう。

 

お好きな方は、価値のある一点だということがすぐわかるのでしょうね。

他に見ないですものね。

オーナー及川さんのアイディアが光っています。

 

母の日のプレゼントにいい感じ~。

私も作ってもらおうhappy01

 

 

hachi.jpg

カテゴリー:  投稿者:アミカ @ 13:38
[2010.04.20]

2006年のある日の出来事。

日頃からお世話になっている設計会社の設計士さんOさんが

2006年の秋に亡くなった。

Oさんとは2件の物件をご一緒させていただいた。

風邪のウィルスが脳に行き、ウィルス性の脳炎になったのだ。

つい1週間前にお顔を拝見したばかりだったので、

訃報を聞いた時にはあまりに驚いて、しばし呆然とした。

 

とても穏やかで優しいお人柄のOさん。

少し小椋桂さんに似ていたOさん。

お年は50歳くらいだったと思う。

Oさんのお通夜の時に、

会社の皆さんが、Oさんの業績を小冊子にまとめ、私たちに下さった。

その小冊子が、時々アミカの本棚からひょっこりと顔を出す。

一番最後のページにOさんが寄稿した社内誌の抜粋が載せられていた。

Oさんらしさが滲み出ていて、読むたびにご本人が目の前にいるような温かさを感じる。

 

 あれは何時のころであったろうか。

小学校低学年だったと思う。

体育の時間に逆立ちをやらされ、

出来ない子は家で特訓するように言われた。

期限は確か2週間であった。

 以来、学校から帰ると鞄を玄関に放り投げ

近くの原っぱに出かけたものだ。

友達と助け合いながら練習をすると、

やがてサポートなしでもある程度形になってきた。

 自力で逆立ちに挑戦だ。

大きく蹴り上げた片足、

それと後から追うもう一つの片足。

一瞬青空に2本の足が止まった。

あたかも時間が止まったかのような、

何ともいえない満足感と静寂の時間。

 やがてつま先は、ゆったりと大きな弧を描きながら

足と背中が同時に大地にぶつかった。

息が詰まりながらも見上げた空は、

真青で白い飛行機雲が左から右へ流れている。

後ろから音が飛行機雲を追いかけていく。

湿った土の香りと草の匂い。

平和で、のどかで安らかな時間。

 あの頃のそんな時間をまた体験してみたいと思う今日この頃の私です。

 逆立ちの試験はどうであったかは定かではない。

(2005年2月25日社内誌より)

 

青空を見ると時々Oさんを思い出す。

皮肉だけれど、今は青空の向こうで

平和でのどかで安らかな時間を過ごしていることと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:  投稿者:アミカ @ 20:42
[2010.04.18]

あかたん出産?!

あかたん、想像妊娠を経て、想像出産しましたよ~。

お乳が出てます。

出産した赤ちゃんが心配らしくお散歩にもあまり出かけたがりません。

夜泣きもぴったり止まってます。

 

私の代わりに妊娠、出産までしてくれて(笑)

何かとあ~かたんeye

カテゴリー:  投稿者:アミカ @ 11:45
[2010.04.13]

野坂先生 in Sapporo オーラソーマワンデイセミナーの様子

野坂先生のオーラソーマワンデイセミナーが先日好評のうちに無事終了。

ワンデイの前日には卒業生のための復習会が開かれたのですが、

改めて野坂先生の膨大な知識と智慧に次元の違いを感じノックアウトされました。

野坂先生の頭の中は一体どうなっているのかしら?開いて見てみたくなります。

パズルがスルスルと埋まるような、

バラバラの50音が「いろはにほへと」、と心地よい音でつながっていくような、

まるでマジシャン、一体何でしょう?

野坂先生がオーラソーマに触れる時、

単にスピリチュアルな世界だけが広がるのではなく、

学問としての世界も共に広がって行きます。

 

野坂先生に学んだ生徒さんの中には世間でよく言われるスピリチュアルプライドに

陥る生徒さんはお一人もいません。

それは野坂先生ご自身が、スピリチュアルに目覚めるということは現実をしっかり生きるということ、

をよくご存じで一番大切にされていらっしゃるからだと思います。

 

野坂先生は様々な本を沢山読んでいらっしゃいますが、

いつも素敵なフレーズがあるとクラスの中でご紹介くださいます。

この日はジャワの神話を。

知性って大切!とつくづく。

 

5月15日から始まる7期講座が楽しみです。

100413.jpg

カテゴリー: カテゴリー:  投稿者:アミカ @ 13:07