AMICA color design

スタッフブログ

[2011.03.31]

今こそ。

中学1年生の時に宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ」が

書かれた奉書紙を父がくれました。

今考えると、岩手出身の父の根底に宮沢賢治への誇りと尊敬の念が

あったのでしょうね。

有名なこの詩を見ると東北人らしさ、日本人らしさを感じます。

改めて、被災された東北の方、支援している日本中の皆さんの

勇気になる詩ではないでしょうか。

 

「雨ニモ負ケズ」 宮沢賢治

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラツテイル
一日ニ玄米四合ト味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ蔭ノ小サナ萱ブキノ小屋ニイテ
東ニ病気ノコドモアレバ行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒドリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニワタシハナリタイ


雨にも負けず 風にも負けず

雪にも 夏の暑さにも負けぬ 丈夫な体を持ち

欲はなく

決して怒らず

いつも静かに笑っている

一日に 玄米4合と 味噌と少しの野菜を食べ

あらゆることを

自分を勘定に入れずに よく見聞きし 分かり

そして忘れず

野原の松の林の陰の小さな茅葺き小屋にいて

東に病気の子どもあれば 行って 看病してやり

西に疲れた母あれば 行って その稲の束を負い

南に死にそうな人あれば 行って 怖がらなくてもいいと言い

北に喧嘩や 訴訟があれば つまらないからやめろと言い

日照りの時は 涙を流し

寒さの夏は おろおろ歩き

みんなにデクノボーと呼ばれ

ほめられもせず 苦にもされず

そういうものに わたしはなりたい

 

 

「STRONG IN THE RAIN」 Kenji Miyazawa

Strong in the rain
Strong in the wind
Strong against the summer heat and snow
He is healthy and robust
Free from all desire
He never loses his generous spirit
Nor the quiet smile on his lips
He eats four go of unpolished rice
Miso and a few vegetables a day
He does not consider himself
In whatever occurs...his understanding
Comes from observation and experience
And he never loses sight of things

He lives in a little thatched-roof hut
In a field in the shadows of a pine tree grove
If there is a sick child in the east
He goes there to nurse the child
If there's a tired mother in the west
He goes to her and carries her sheaves
If someone is near death in the south
He goes and says, 'Don't
 be afraid'
If there are strife and lawsuits in the north
He demands that the people put an end to their
pettiness

He weeps at the time of drought
He plods about at a loss during the cold summer
Everybody calls him 'Blockheads'
No one sings his praises
Or takes him to heart

That is the kind of person
I
want to be

宮沢賢治とは
明治二十九年(1896年)岩手県花巻市出身。盛岡高等農林学校に進む。日蓮宗に帰依し、熱心な信者となる。文芸によって布教活動をすることを考え、童話を書く。大正十年、妹の病気のため帰郷。稗貫(ひえぬき)農学校の教師となる。翌年より作品がが盛んに作られる。大正十五年退職し、農業啓発活動を始める。昭和八年、三十七歳で病死。

 

 

 

 

カテゴリー: カテゴリー:  投稿者:アミカ @ 16:22
[2011.03.30]

今日のモック

お花の下で幸せそうに寝ているモック。

 

 

002.JPG 

 

 

モック:ドイツにいた頃のお花畑を思い出すなぁ~。むにゃむにゃconfident

カテゴリー:  投稿者:アミカ @ 18:28
[2011.03.30]

モックは寝てばかり。

3月25日からアミカメンバーにモック(本名タック)が加わりましたbell

 

003.JPG

 

ドイツにお住まいのカリン・デ・ ロレンツォさんが可愛いモックの生みの母。

私は育ての母になります~~~lovely

 

まぁ、当たり前ですけど毎日よく寝ています。

一度会ったらみなさんも間違いなくモックの虜になりますよsmile

 

カテゴリー:  投稿者:アミカ @ 18:10
[2011.03.30]

アミカ全員集合

 

3月25日に水天宮(神社)様の月並祭(つきなみさい)に行って来ました。

思いがけず、久しぶりに全員集合happy01

tukinamisai.JPG

内山と内山のお嬢さんとお孫さん、中瀬、府川とあかりちゃん、森田ととうかちゃん、

そしていつもお世話になっているアナウンサーのはづきちゃんといのりくん。

 

子供も産んでいないけど、孫が集まったような気持ちになって、

超ハッピーでしたlovely

孫が出来るってこんな感じかしらね~。

嬉しくて、楽しくて、幸せでしたshine

 

期せずして、この日は月並祭の祝詞(のりと)だけではなく、

初めに震災慰霊の祝詞も上げられましたので、

皆で参加出来て本当に良かったです。

ちゃんと集まるべき時に集まるものですね。

 

 

 

カテゴリー: カテゴリー:  投稿者:アミカ @ 17:41
[2011.03.29]

お絵描き

主人は画家である父の遺伝子を受け継いで

とっても絵が上手。

 

少しでも時間があると娘とお絵描きを楽しみます。

 

娘 「ぞうさん かいてー」

主 すらすらすら・・・・かきかきかき

娘 「もっとーshine

 

像が小象とじゃれあう絵から、次々と書き足されて

真っ白だったただのお絵描き帳は

ついに、アフリカの雄大な草原をに歩く

像の大群に埋め尽くされました。

 

娘は大喜び。

本当に楽しそうで、その二人を見ているだけで幸せな気持ちになります。

 

しかし、、、私は絵がとっても苦手で

(プロフィールではデザイナーという肩書ですが。。。大変申し訳ございません。。。down

 

娘 「カバさん かいてー」

私 ・・・・・・カキ、カキカキ・・・???

娘 「ボウシ(帽子)・・・?」

私 「がーーーーんtyphoon

 

絵が上手くなりたい。。。

 

カテゴリー:  投稿者:アミカ @ 15:01
[2011.03.24]

思いがけないアプローチ

オーラソーマのコンサルテーションを通して義援金を、

という内容を掲載させていただいたところ、

「コンサルテーションはいいので、義援金にして下さい。」と

お客様が3000円を届けて下さいました。

 

さり気なく活動を応援して下さる姿に感動致しました。

お客様のお名前で振り込ませて頂きます。

本当にありがとうございました。

カテゴリー: カテゴリー:  投稿者:アミカ @ 01:20
[2011.03.24]

えっ?ハートハッピー?

「えっ?ハートハッピー?ハート型のですよね?

なんてタイムリー!昨日2つ入ってましたよ。

それより田中さんハッピーターン食べるんですか?」と府川。

 

んもうっpig

やられましたsad

 

カテゴリー:  投稿者:アミカ @ 01:10
[2011.03.24]

ハートハッピーを探して

この言葉に「ピピッ」と来る人は間違いなく先日の中居クンの番組を見てましたね~。

 

happy.JPG

 

かの有名なハッピーターンにハートハッピーと呼ばれる

超レアなハート型のハッピーターンがが入っていることがあって、

それをゲットすると幸せになるらしい、な~んていう

心の隙間が埋まっちゃうウフフなお話がTVで流れてましたね~。

 

車の中でチラチラ見ていた私は早速東光ストアに直行!!

大人買いしたい衝動を「反則はいけなくてよ」と抑え、

一袋だけ。

 

な、な、なんとeye

入ってなかった!!

そんなに簡単に手に入っちゃ、レアなわけないよね、

めげないめげない!!

明日も買うぞ、と意気込んだんだけどハッピーターン食べきれないよう。

誰か食べるの手伝って~coldsweats01

 

 

カテゴリー:  投稿者:アミカ @ 01:00
[2011.03.24]

たまには・・・

 

おにぎりを欲しがるあかたん。

かわいいなぁ~~もぅconfident

 

はっ

左側から鋭い視線を感じるsign03

ビアンカさんだっsign03

 

カテゴリー:  投稿者:アミカ @ 00:20
[2011.03.24]

被災地の方々のために・・・

今できることは何か。。。を考え支援金ももちろんですが

私は子どものオムツやミルク等の

救援物資を送る事にしました。

 

札幌でも円山競技場で受け付けているそうなので

私のように被災地の方のために何かしたい!だけどどうしたら・・・

という方、札幌近郊にお住まいの方、参考までに。。。

 

 

****************************************

東北地方太平洋沖地震の被災地に対する支援を行うため、札幌市では、支援物資を募集します。

なお、受け付ける物資の種類、受付日、時間帯が決まっていますので、ご注意下さい。

受付物資

以下に記載した以外の物資は受け付けません。

 

食料

カップ麺、レトルト食品、缶詰、パックご飯

ペットボトル飲料

水、お茶、スポーツドリンク(500ミリリットル、2リットルのペットボトルに限ります)

生活用品

ウェットティッシュ、使い捨てカイロ、冷却用ジェルシート、トイレットペーパー、ペーパータオル、ボックスティッシュ、ビニルラップ、使い捨て食器、使い捨て歯ブラシ、生理用ナプキン

赤ちゃん用品

紙おむつ、おしり拭き

高齢者用品

大人用紙おむつ、介護用ウェットシート

受付場所

円山総合運動場内 陸上競技場会議室(札幌市中央区宮ヶ丘3番地)

受付日・時間帯

平成23年3月24日(木曜日)~3月27日(日曜日) 9時から17時まで

留意事項

  • 上記以外の支援物資の受け付けは行いません。
  • できるだけ事前に支援物資提供書(別紙)に必要事項を記載の上ご持参をお願いします。
カテゴリー: カテゴリー:  投稿者:アミカ @ 00:17
[2011.03.20]

東日本大震災で被害に遭われた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

東日本大震災で被害に遭われた皆さまに、

心よりお見舞い申し上げます。

この震災で亡くなられた多くの方々のご冥福を

心よりお祈りいたします。

 

また、被災地にお住まいでなくとも、知人の安否や余震、

原発ニュースなどに大きな不安を抱えて日々を過ごしている方々も

大勢いらっしゃると思います。

 

 

私の父母は岩手、青森出身です。

震災後、連絡が取れず安否が分からない親戚がいて、

心配していたところ、アミカのHPを作ってくれている

秋田出身の佐藤君がグーグルのパーソンファインダーの情報をくれ、

早速載せました。

そうしたら、思いの外早く18日に、

探していた親戚の内の一人から、直接電話をもらいました。

 

「親父もお袋も、嫁も1歳の息子も津波に飲まれて亡くなりました。

親父は2年前に脳梗塞になり車椅子で、

隣のおじさんが一緒に逃げようと

来てくれたけど、避難所に車椅子で行ったら皆に迷惑がかかるから

と言う親父を、おじいちゃん一人で残しては行けない、

とお袋や嫁が言うので、隣のおじさんは仕方なく家を出て、

必死で逃げ、振り返った時にはもう家が波に飲まれていた

と教えてくれました。」

 

あまりに悲しい知らせに、その時の恐怖や悲しみを想像すると、

体が震え、私が泣いてはいけないと思いながらも、

声を上げて泣いてしまいました。

 

震災のあった11日には鳥肌が立っておさまらず、

13日には夕方2時間、体が金縛りにあったように

動かなくなったので「もしや何かあったのでは?」

気が気じゃなく落ち着かない毎日を過ごしていました。

本当に残念です。

未だ安否の分からない親戚がいますので、心配は続いています。

 

電話を切る前に

「心が悲しいんだか、苦しいんだか、痛いんだか分かりません。

でも残された者たちが岩手を立て直し、

日本を良くしていかなければなりません。

北海道で心配して下さっている方がいるということが、

僕達の励みです。ありがとうございます。」と気丈にも

力のこもった声で話してくれました。

 

東北の人は日本人の中でも心が温かく根性があって強い人達です。

必ず見事に立ち直ってくれると信じています。

 

その東北の血が私にも流れていることをとても誇りに思っています。

 

 

 

3月17日は私の39回目の誕生日でした。

今年は震災で気持ちが晴れませんでしたが、

沢山の方の「おめでとう」メールのお陰で

心が沈みっぱなしにならずにすみました。

本当に有難かったです。

 

アヤボーは育児で忙しい中、

可愛いケーキを届けて一緒に食べてくれました。

 

 115.JPG

 

 

 

特に今年はお花を沢山頂いたのですが、それは偶然ではなく、

親戚の霊を慰めてくれるためだったのではないかと

後日思いました。

 

  

写真ですが、頂戴したお花が皆様の心の慰めにも

なりますように。

 127.JPG お花屋さん:コニファー

 100.JPG お花屋さん:リトルビー

 128.JPG お花屋さん:さとうはなみつ

 

 130.JPG お花屋さん:unknown 

 

 

  134.JPG お花屋さん:リトルビー 

 

 

そして今朝、友人から興味深いお話がありました。

 

アセンションは日本から始まる事になっていて、

今回の震災がそれに当たる。

亡くなられた方達はアセンションを牽引する

勇気ある強くて優れた魂達。

失ったものはあまりに大きいけれど、

今日本人が一つになろうとしている、

そのことはとても得難い素晴らしい事。

 

 

何かを失わなければ気付けない人間は、

本当に出来の悪い生き物のような気がしてならないけれど、

亡くなった方達が勇気ある強くて優れた魂達と聞けたのは

慰めになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: カテゴリー:  投稿者:アミカ @ 13:17
[2011.03.09]

復帰しました!

みなさまお久しぶりです。府川です。

育児休業で約二年半お休みしておりましたが

またまたアミカでお世話になることになりました!

 

どっぷり主婦をしていたので

のんびり癖が抜けませんが

いつも以上にドジが増えないように気を付けようと思いますtyphoon

 

しかし、戻ってこれる場所があるって幸せな事です。

朝、「おはよう~shine」と田中さんのキラキラした声と

あかたんビアンカのお出迎えにほっこりしながら

懐かしさと心地良さを感じています。

みなみなさま どうぞこれからも宜しくお願い致しますcatface

 

カテゴリー:  投稿者:アミカ @ 13:28