AMICA color design


  • 慶陽館1.jpg

  • どうぎんカーリング場.jpg

スタッフブログ

[2014.06.10]

はじめまして、ソイダです

みなさんはじめましてhappy01

この度、ご縁あって少しのあいだアミカスタッフを

させていただいてますソイダですdog

 

代表の田中さんとは20年ほど前の数年間同期として一緒に働いて

以来、長くて深いご縁を感じる間柄です。

一年に数回あるいは数年に一回という不思議な間隔で会うのですが、

いつも多忙で時間の都合がつきにくい田中さんなのに

私がピンチになるとなぜか必ずすんなり会えてしまうんですね。

そんな時は目に見えない「何か」が間違いなく二人の間に作用している

といつも感じるのですheart

 

さて、ただいまアミカでは北海道神宮の改修工事に関わるご提案を

させていただいておりまして、お仕事を通して思いがけず

北海道神宮の由緒を知る良い機会を与えていただきました。

田中さんは神社の氏子であり神事に接する機会を多く持つのですが、

私はこれまであまり深く関わることがありませんでした。

 資料をひもといていくと、日本人でありながら、神事にまつわることは

歴史も言葉もわからないことだらけ。

 

「御霊代」「御幣物」「渡御」、皆さん読めますか?意味はわかりますか??

答えは「みたましろ」「ごへいもつ」「とぎょ」

意味は神霊の代わりとして祭るもの」「神前にささげる供物」

「(みこし)が練り歩くこと」です

 

なーんにも知らずにこれまで生きてきたのだなあとつくづく思います。

 

 何も知らないのに困った時の神頼みで、初詣ではあれやこれやとお願いするし、

試験があれば合格祈願、病気になれば回復を祈り・・・ちょっとまって、

神様にお願いはするけれど、成就してもご報告もお礼もしたことが

ない自分に気が付きます。

 

もしこれが身近な人の助けだったら?絶対そんな無礼はしません。

お世話になった方へ感謝の気持ちは素直に伝えたい、と日頃思って

いるわりに神様への感謝は?考えてみるとその扱いの雑さに驚いて

しまいます。

 

これまで幾度も、周りの人々からの思いやりや偶然ではなく必然?と

思えるご縁という贈り物に救われてきていることを考えてみると、

もしかしたら神様が人と人との間に入って見えない糸を結んで

くださっているのかもしれない、と有り難くなります。

そうであるなら、助けてくれた友人知人や家族だけじゃなく、

糸を結んでくれた神様にもありがとうを伝えるのはあたりまえのこと

かもしれない。

そんな思いが心に湧いている今日この頃です。

 

カテゴリー: カテゴリー:  投稿者:アミカ @ 12:25

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: はじめまして、ソイダです

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.amica-color.com/mt-tb.cgi/312

コメント(1)

[2014.06.10]
Whole Disk Encryption Each day, millions of people go to online to work, do homework, purchase products, manage devices in their homes, and connect with friends. Technology such as the big information are modifying our everyday life at a quick speed, while exponentially increasing the quantity of private data that is attained, used, and shared.

コメントの投稿



コメントをどうぞ